リバティハウス

自然素材を使ったこだわりの技で快適な家づくりをおてつだい。リバティハウスは和歌山・南大阪を拠点としたツーバイフォー(2x4)の新築一戸建て・注文住宅・輸入住宅の工務店です。

工法と性能

①耐震性

■ベタ基礎工法、基礎パッキン工法

建物下の地盤全体に鉄筋を配筋し、そこにコンクリートを流し込む「ベタ基礎工法」を採用。

「ベタ基礎工法」は、地盤に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができ、不同沈下(地盤が不均等に沈下してしまう現象)を防ぎます。

また、床下全体にコンクリートを引いてあるので、土が見えないため、白蟻・害虫から床下を守ります。

尚、床下の換気性能を高めるため、基礎と土台との間に基礎パッキンを挟み込む「基礎パッキン工法」を採用。

基礎部分に床下換気口を設ける工法に比べ、全周面からの換気が可能となり、床下の隅々まで換気が行えます。

換気能力をアップすることにより、建物の土台部分の強度を保持し、耐久性を高めます。

■ツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)

日本の在来工法(木造軸組工法)が、柱や梁などの「軸」で躯体を構成するのに対し、ツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)は、床・壁・天井の6面が一体となった構造。

剛性の高いツーバイフォー住宅は、地震の揺れを各面で効率よく受け止めて力を分散させます。

地震力が一部分に集中することがないため倒壊・損傷を防ぎ、地震に対して抜群の強さを発揮します。また、各面は枠組材と構造用合板を一体化させたパネル(ダイヤフラム)になっていて、ツーバイフォー工法のきわめて優れた耐震性の源になっています。

2x4,2x6工法

ツーバイフォー工法

(木造枠組壁工法)

在来工法

(木造軸組工法)

1995年の阪神・淡路大震災での被害は全壊が約10万1000棟、半壊を含めた一部損壊が約28万9000棟以上(平成7年自治省(現・総務省)消防庁発表より)。

しかしこのような壊滅的な状況下でさえ、被災地のツーバイフォー住宅のうち96.8%が特に補修をしなくても継続して居住可能な状態を保ったことがわかっています(日本ツーバイフォー建築協会の調査より)。

亡くなった方の約9割が建物の倒壊による犠牲者といわれる阪神・淡路大震災。

このデーターからも住まいの耐震性がいかに大切であるかわかります。

※残り3.2%は、地盤の移動・液状化及び隣家のもたれかかりにより住宅の一部が損壊したものです。

耐震性については日本ツーバイフォー建築協会のサイトをご確認ください。

②断熱性・気密性

■世界品質の気密・断熱システム「アイシネン」を標準採用。

アイシネン公式サイト

  1. 発泡性

    瞬時に100倍近く膨らむ強い圧力で、小さな空間や隙間に発泡体を押し込みます。

    ウールやボードの断熱材には、真似出来ない早業で、隙間を残しません。

  2. 断熱性

    1%の材料と99%の空気で出来ています。

    アイシネンは気泡の大きさがさまざまで、特殊な気泡構造で、独立して並んでいるため、気泡内部で空気の対流が起きません。

    熱エネルギーが移動しにくい特殊な構造になっているので省エネ効果抜群です。

  3. 耐湿性

    アイシネンは湿気(水蒸気)が吸着しにくい物質です。

    湿気(水蒸気)が気泡の中に入ると、水蒸気圧の差により水蒸気圧の低いほうへ押し出されます。

    断熱材でも、湿気を溜めてしまっては意味がありません。

  4. 吸音性

    音や振動を吸収し防音効果もあります。

    大小さまざまな気泡が音波を吸収するので、ホームシアター等も可能です。

  5. 自己消火性

    難熱性で、火の当たった所だけが炭化しますが、それ以上に広がることはありません。

    アイシネンの詰まった壁が防火の役を果たしてくれます。

  6. 安全性

    フロン系の発泡ガスは一切使用していません。また、水で発泡するアイシネンは、ホルムアルデヒドやVOCを排出しません。

    全米肺協会は、アイシネンが人体に害がなく、健康を増進する建材であることを認証しています。

  7. 品質維持

    断熱材は隠れてしまう部分に使うだけに、悪化してもわかりません。

    それゆえに、アイシネンは何年経っても品質が劣化しないように出来ています。

  8. 施工性

    アイシネンは建物を選びません。在来工法、2×4工法、養護施設、病院、倉庫。すべて吹き付けることで隙間を残さず、気密し、断熱します。

    もう一つ大切なのは、仕上りが安定していること。資格をもった専任スタッフが吹き付ける責任施工を徹底しています。

■空調には『24時間熱交換型換気システム』を標準採用。

結露や温度を遮るほど隙間のない高気密・高断熱の住まいは、ホコリや汚れた空気が室内にこもりやすくなるため、換気が不可欠です。

しかし、窓や扉を開けて風通しを良くしても、現代は外気そのものが汚れていたり、断熱・気密効果も意味がなくなってしまいます。

そこで住まい全体をムラなく計画的に換気する「24時間熱交換型換気システム」を採用。

フィルターで、粉塵・大気汚染等の汚れを除去してクリーンな空気を室内に取り入れ、冷暖房の快適さを損なわないよう、外気の温度を緩和して室内に取り入れるので、心地良さに加え省エネ効果が得られます。

また、温度の緩和に併せて湿度も適度な状態に保つため、夏期は外気の湿分を排気側に移して除湿し、冬期は室内排気の湿分を給気側に移して加湿します。

この適度な相対湿度によって、結露やカビ・ダニの発生を抑制します。

③耐火性

ツーバイフォー住宅の場合、火の通り道となる床や壁の枠組材などが、ファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、上階へ火が燃え広がるのをくい止めます。

また床根太、枠組材などが一定間隔で組まれている床や壁の内部構造は、防火区域がいくつもつくられているのと同じ状態で、この一つ一つの区画によって火の進行はさらに遅くなります。

ツーバイフォー住宅は、すべての天井や壁の内側全面に、厚さ12.5㎜の、石こうボードを施工します。

石こうボードの中には約21%の結晶水が含まれていて、炎があたると熱分解を起こして約20分もの間、水蒸気を放出するという優れた特性を発揮します。

このため火災が発生しても、天井裏や壁の内部の温度が上昇しにくく、構造材が発火点(約450℃)に達するまでの時間を大きく遅らせることができます。

万が一せっこうボードが突破されても、2重3重の防火機能を持つ「ファイヤーストップ構造」によってツーバイフォー住宅は初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えます。

また壁内部に埋め込まれている断熱材アイシネンとともに、火災発生を遅らせます。

このため、火災保険料も省令準耐火構造と認定されており、一般的な木造住宅(在来工法など)に比べ保険料がおよそ半額程度で済みます。