映画の中のストーブ 「フラガール」

肌寒くなった秋の夜長です・・・。

家のリビングでひとり映画鑑賞をしていました。

BSプレミアムの「フラガール」で観るのは二回目だったんです。

 

2006年度の作品ですね。

アカデミー賞をたくさんもらっている有名な映画です。

 

舞台は福島県いわき市、東北の寒い地方の炭鉱の町。

昭和40年、石炭から石油へエネルギーが転換していった時代です。

 

炭鉱の町を活性化させるために計画されたリゾート施設で、

炭鉱の娘たちが「フラガール」となり自分たちの人生を切り開いていく物語。

 

 

    物語のクライマックスで、馴染みのストーブがゾロゾロ登場してきました。

    ニッセンやアラジンなど色んな種類の石油ストーブです。。。

 

f:id:libertyhouse:20131016182835j:plain

ハワイアンセンターのオープン間近。

施設の温水ポンプの工事が遅れてしまい

熱帯植物の椰子の木(クリスチーナと名付けられています)が枯れるのを防ぐためにストーブが集められることに・・・。

 

        「ストーブ貸してくんちぇ」と

ヒロイン紀美子(蒼井 優ちゃん)の母(富士 純子さん)が

リヤカーで石油ストーブを集めてまわるシーンは印象的で

時代を感じさせます。

 

 

       写真のストーブは、まどか先生(松雪 泰子さん)の部屋で

                   焚いていたストーブと同じだと思います。

  

 

お問合せ・資料請求